2018年10月8日月曜日

【拡散希望】仔猫の #里親募集 です。

【拡散希望】9月に笠間市で保護した仔猫の #里親募集 です。虐待目的や不適切飼育者の引き取り防止のため、譲渡時には身分証明書の確認・誓約書に署名をお願いします。譲渡先は茨城県内に限定させていただきます。ご連絡はツイッターアカウント、@haironeko へメッセージにて。


2018年10月1日月曜日

治療も受けさせてもらえない「飼い猫」たち #動物虐待 #犬猫保護 #猫


最近、勤め先に居ついている子猫を保護しました。餌をやってる人がいるのですが、先日左足を引きずっているのを見て、いたたまれずに保護しました。行きつけの獣医に診せたら左足より脱水と黄疸で危険な状態だとのこと。インターフェロンと点滴など処置してもらいました。その後も発熱があったので再受診して、現在は回復しています。歩行はできていますが左足には障害が残るかもしれません。現在、動物病院に張り紙をだして里親募集中です。


他に餌やりされている3~4歳の猫がいますが、これも先日血尿を出しておりまして、排便もできず苦しんでいるのにお金がないから医者に行けないという始末。そうこうしてるうちに悪くなる一方のなので、見かねて私が医者に「最低限の治療を」と連れて行きました。重症で、カテーテルで尿を吸い出したところ、膿尿でひどい膀胱炎になっておりました。処置は見ていて辛かったですが、抗生剤も注射してもらい、なんとか回復した模様です。こちらも里親募集予定です。


名をつけて餌をやってる以上、あなたは飼い主だ、飼い主なら責任を持って飼いなさい、病気やケガなら医者に見せなさい、それが無理なら里親を探しなさい、と言ってるのですが、そうですねそうですねと繰り返すばかりで何もしない。困ったものです。それでも猫たちには何の罪もありません。「普通の幸せ」を掴んでもらいたいものです。

2018年9月8日土曜日

虐待された動物の里親募集中です。#茨城県水戸市動物愛護

NPO法人茨城県水戸市動物愛護で虐待されていた動物たちが里親募集中です。 どうか幸せになりますように。 ■里親募集中 https://satooyaboshuu-ibaraki.jimdofree.com/%E9%87%8C%E8%A6%AA%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD/ 動物愛護法違反の疑いで書類送検された #矢野衛一 氏が代表理事を勤めた NPO法人 #茨城県水戸市動物愛護 は、#IMAPオープンシェルター も含めてホームページ閉鎖。Facebook の「ペンネーム」として使っていた #矢野智一 のページもアクセスできない模様。(私はブロックしたのでわかりません。) 過去に傷害事件や計画倒産?などを起こしている疑いがあり、考えてみれば Facebook にペンネームを使っていたのもカムフラージュだったかもしれません。 「(商売敵の)#水戸ペットセレモニー は無許可は違法だ。」 「FIVウイルスは半年以上は消えない。」 「オスなら『ちゃん』じゃなくて『くん』ですよね?」 考えてみれば、動物愛好家としてはその態度や知識を疑うようなことが断片的に思い出されます。水戸市の動物保護活動家の初回の会合では、 「#水戸市 が中核市になるので動物指導センターを独自に持たねばならない。行政から相談されている。それぞれで活動している水戸市の活動家たちに集まってもらって、なんとか知恵を借りたいというのが今回の会合を提案した目的です。初回なのでまず顔合わせということで、今回は活動家だけですが、次回からは水戸市も呼んで会合を開きたいと思います。」 なんて言ってました。今思うと水戸市から相談を受けていたというのは極めて怪しいです。 何れにしても、本当に気をつけないといけませんね。私は一度会合に出てから違和感を覚えて、活動には付き合いませんでしたが、灰猫を火葬を頼んでいますし、その時に灰猫の遺したフードなどをオープンシェルターに寄贈しています。(遺骨は確認したので大丈夫だと思いますが…) 私もまだまだです。もっともっと、人を見る目を養わないといけないと反省しています。

なお、矢野氏が経営していた #茨城ペットセレモニー ですが、まだホームページが生きてます。灰猫の火葬の際に、矢野氏が「人に譲渡する予定」と言ってたので、現在は別の人が経営しているのかもしれません。

http://www.ibaraki-petceremony.jp/