2017年7月21日金曜日

児童相談所の児童虐待対応の状況

10年前に児童相談所職員の対応ケース件数が1人あたり40件と聞いたことがある。現在はどうなっているのか。保育職についていないのでツテがなく調べにくい。仕方ないので、政府自治体が公表している統計から調べてみることにした。

まず全国。厚労省の報道資料である。児童相談所関係資料:参考資料5(PDF)を見てみる。ここに、平成27年度の児童相談所の職員数内訳が出ている。

(クリックすると拡大します。) 

児相職員総数は10,738名だ。このうち、児童虐待相談に対応してケースを受け持つのは、児童福祉司だ。その人数は2,388名である。

(クリックすると拡大します。) 

平成27年度の全国児童虐待相談件数は103,260件(「全国の児童相談件数の推移」平成28年8月4日、厚生労働省)であるから、職員1人あたりのケース件数は約43件である。それも虐待のケースだけでだ。(当然ながら児童福祉司の受け持ちのケースは虐待だけではない。)…虐待のケースには特に個別に丁寧な対応が必要なのに、これでは満足な対応など望むべくもない。10年前と状況は変わっていないのだ。

何度も書いていることだが、相談件数が増えたのは虐待の捕捉率が高まったという成果である。学者、NPO、政府自治体が児童虐待の認知に努めてきたこと、これは評価して良い。だが、児童虐待の相談件数は20年にわたって増え続け、平成27年度にはついに10万件を突破。20年前の約100倍に達した。平成15年〜平成25年度の10年間で、虐待で殺された子どもの数はなんと1,009名。10年で1,000人以上の子供が虐待死したのだ。

(クリックすると拡大します。) 

児童虐待に関してはさらなる対応の強化が必要と言わざるを得ない。まだまだ暗数があると考えられるが、捕捉率がそこそこ上がってきたいま、対応の体制、つまり内容をもっと強化する必要だ。そのためには、児童虐待というものの詳細な理解が必要だと思う。

虐待被害者100名の想いを綴った『新編日本一醜い親への手紙』仮題/dZERO刊)は、その理解に最適な資料の1つになると思う。すでに今秋の出版が決まっているので、関心のある方はぜひとも購入を。

とくに児童相談所職員のみなさんは必見だと思います。




2017年7月11日火曜日

医療とは単なる科学ではない。生活の福祉の側面もある。

旺盛なはずの灰猫の食欲がないので、心配で動物病院へ。血糖値が高かったので、もしかしたら糖尿か・・・。

…で、
血液検査結果、血糖値、コレステ激減でした。苦悩の末、XX動物病院の(新米)医師の判断を蹴ったのです。ろくに灰猫の性格も知らず、ただ医学本を見せてこういうケースはこうしないとダメだと言ってるだけでした。

灰猫は固形薬は嫌いです。さらに鍵しっぽを保護した時期であることも重なって、便秘になり、隠れて出てこなくなってしまった。

医療とは単なる科学ではありません。生活の福祉の側面もあります。いかに最良の治療法があっても、その負荷が大きすぎて生活の質を損なうようであれば、それは当事者を幸福にしていないかもしれません。

私は本当に悩みました。苦悩の末の苦渋の選択です。灰猫の死を早めることになったとしても…という覚悟をして、自分の責任でw/dによる食事療法を選択しました。結果は正しかったわけです。まあ結果オーライですけどね。

それはそれとして、白血球数が減っているのとのことです。白血病キャリアですからねえ。。。先生の話だと、キャリアで8〜9歳まで普通に生きているのは大したもんだそうです。

 今回の食欲不振はそっちのが原因じゃないかということで、インターフェロンと点滴してもらいました。午後は少し元気になったのか、キャンターで部屋内をウロウロしてます。しばらくは様子見ですね。

2017年7月8日土曜日

「新編 日本一醜い親への手紙」出版中間報告がありました。

200万円が集まり、ついに制作がスタートした「新編 日本一醜い親への手紙」について、編者の今さんは毎週金曜日21:00〜23:00にツイキャスで語っている。親への手紙の応募は現在120通を数え、100通に絞って編集の上、一冊の本にする。100通に絞る審査員には、信田さよ子さんや東小雪さんが上がっているとのこと。

内容はまだ非公開だが、先行予約販売(前払い一冊2000円)ではとんでもない特典がつくとのこと。ツイキャスでは特典の内容が気になって、視聴者(私も含めて)たちが尋ねたのだが、今さんは頑なに答えなかった。とにかくすごい特典だそうだ。8月くらいになったら 公開できるらしい。ご予約はお早めに。

早寝習慣のある私には時間帯的にちょっとキツくて、途中で寝落ちしていることが多い。昨夜も寝落ちしてしまってここまでしか覚えていない。(笑)それで、今朝になって今さんのブログを見たら、今度はキャンペーンソングの募集を開始したらしい。詳細はこちらにてご確認下さい。

今一生のブログ:■「親への手紙」公式キャンペーンソング募集!
http://con-isshow.blogspot.jp/2017/07/letters-songs.html


問題解決フローで最初にすべきことは問題の気づきである。児童虐待に関して言えば、まず児童虐待の存在の認知である。児童虐待防止法成立からすでに20年たった。にもかかわらず児相への報告件数は20年前の約100倍に膨れ上がっている。(平成27年度10万件超)

報告件数が増えたということは、単純に児童虐待防止法などの政策が無意味だったことを示すわけではない。世間的な児童虐待概念の認知度があがっていることを示すと見るべきで、それなりに意味があることだった。しかし、捕捉率が上がっているにもかかわらず、20年間増え続けているのはどういうことか。平成27年度1年間で虐待死した子供は69人、実に5日に1人の子供が犠牲になっていることになる。 捕捉率が上昇しても、肝心の問題解決「児童虐待防止」がなされなければ意味がない。

そもそも児童虐待とは「子どもの権利」の侵害であるから、根本理念は「子どもの権利」の保護である。「子どもの権利」とは、適切な養育を受ける権利を受ける権利である。しかし、社会的にも児童福祉行政的にも、果たしてその本質がどこまで理解されているのか。衣食住が不足した環境に置かれることは無論虐待だが、衣食住が足りる環境でさえあれば問題ないのか。厚労省の児童虐待4類型(身体的虐待、心理的虐待、ネグレクト、性的虐待)は、児童虐待の本質を捉えているのか。

児童虐待の本質を把握するには、個別の実態がどんなものかを知る以外にない。その意味で、本書の出版はたいへん意味のあることだと思う。

■ 新編 日本一醜い親への手紙
引き続き、先行予約販売(前払い一冊2000円)寄付 を受け付けています。

ただ、今さんとしては寄付も歓迎だけど、やはり予約購入して読んでほしいとのことです。有名人など誰かに送るという手もあります。