2018年2月25日日曜日

憲法についての国民の議論 #憲法改正 #護憲 #改憲


憲法改正についての国民の議論を例えて言うと以下のようになると思います。


田植えから2ヶ月、稲は順調に育っている。ところが、村長が突然に、稲をすべて刈り取って麦を撒こうと言い出した。村人たちは村長の無理難題に対して怒るべきなのに、米がいいか麦がいいかで真っ二つに割れて争っている。

人間とは何か?などという前に、何が人間か?を。#キリスト教

聖書に誰でも自分がされたら良いのと同じようにしなさいとあるけど、キリスト教の歴史はそうではなかったよね。「人間とは何か」という問いかけはするが、「何が人間か」という問いかけはあまり聞いたことがない。あなたが認める隣人は誰のことですか?貧しい人や障害者、年寄り、子供、外国人、難民はあなたの隣人ですか?果てはうち捨てられた犬猫はいかがですか?

聖書にも善きソマリア人という話があるのだがね。限定的な博愛主義なんて盗人でもやってることですし。やはり人間なんてそんなもん、救いはイエスのほかにはないとしか言いようがないです。

…というのが2017年のクリスマスに考えたことでござんす。なお、以下のこの部分は私の心に信仰のくさびとなって打ち込まれており、各方面への微力ながらの寄付や、特に鍵しっぽの保護には大いに影響していることを付け加えておきます。

(ルカの福音書10章30〜37節)
イエスは答えて言われた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。 たまたま、祭司がひとり、その道を下って来たが、彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。 同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。ところが、あるサマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見てかわいそうに思い、近寄って傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで、ほうたいをし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行き、介抱してやった。次の日、彼はデナリ二つを取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います。』この三人の中でだれが、強盗に襲われた者の隣人になったと思いますか。」彼は言った。「その人にあわれみをかけてやった人です。」するとイエスは言われた。「あなたも行って同じようにしなさい。」

2018年2月22日木曜日

#求人票 は何のためにある? #就活 #ハローワーク

求人票を見て職安の人に電話してもらって面接にいって話が違っていたケース

① 求人票:宿直勤務 月に6〜7回
 → 月に8〜10回

② 求人票:8:00〜17:00
 → 平日夜間17:00〜8:00+休日当直8:00〜7:59

③ 求人票:平日8:30〜17:30、勤務地 水戸市
 → 土日勤務、夜勤もある、県内各所(取手、高萩)に朝9:00までに到着しなければならない作業が日常的にある。

④ 求人票:請負現場だが正社員で「転勤なし」
 → その現場は今年の5月に撤退するので別の場所で働いてもらうとのこと。

⑤ 求人票:請負
 → 偽装請負(オーナー企業の制服を着て、オーナーの指揮命令で動く)

①は多少のズレとも思うかもしれませんが、当直24時間勤務が5日に1度のはずが、3日に1度という感じになるわけです。日勤で休みがちょっと減るというレベルの話ではありません。拘束時間が激増です。②は日勤業務ではなく夜勤の仕事であり、時間帯が全く違います。③は数ヶ月後に撤退がわかっているのに求人票には「転勤なし」と書き、面接日時の約束をするときの電話でも一言もいわなかった。④の偽装請負は法令違反で論外です。

これ全部、実際に去年と今年、私が面接を受けたところです。すごいでしょ。仕事は甘いものでは無いことはわかっています。会社は甘く無いところともわかっています。しかし、ここまで違うことを書かれると、「自分には甘い会社」だと思ってしまいますね。

求職者は求人票を頼りに必死で就活しています。面接に行くのも交通費もかかるし、スーツのクリーニング代だってかかります。やっとの事で面接まで辿り着いたら、話が全然違ってた。…ひどい話です。

最近は雇用保険の条件も厳しくなりました。求職者の状況は決して楽なものではありません。一方で求人側の状況はどうなのでしょうか?ハロワが紹介状1枚出すのだって、人件費も印刷費もかかります。それも全て税金で賄われています。求人票の適正化のため、求人条件をもう少し厳しくした方がいいのでは無いかと思います。